1. HOME
  2. はなまき朝ごはんプロジェクトとは?

はなまき朝ごはんプロジェクトとは?

おいしいお米をその土地の水で炊き、その土地で採れた食材で作ったおかずと共に食す。そんな究極の朝ごはんを召し上がって頂くべく、花巻温泉郷の3軒の温泉宿の仲良し若旦那で集まり、2014年7月から「はなまき朝ごはんプロジェクト」はスタートしました。
仲良し3人組から始まったこの取り組みですが、今後は3軒にとどまらず、花巻温泉郷のすべてのお宿、さらには、岩手県内の温泉宿の参加する取り組みにしたいとこっそり目論んでいます。

温泉旅館 若旦那

はなまき朝ごはんプロジェクトの定義
				花巻産ひとめぼれを使用。
				花巻産の野菜1つを共通食材として、ご飯に合う朝食のおかずを提供する。

農家さんとの連携

地域に脈々と息づく食材は、その土地の文化でもあります。
土地の文化を先人から受け継ぎ、未来へ継承するのも旅館の大事な役割です。
地域の農家さんに直接赴き、自分たちの目で見た地元で取れる野菜を使って料理提供することで、その役割の一つになると考えます。
そして、旅館と農家さんが協力して、地域の文化を発信するために、「農業体験」や「旅館での採れたて野菜の販売」にも取り組んでいきます。 地域の食文化の継承者として、旅館は次世代に残すべき商品を開発発信していきます。

  • 農家さんとの連携
  • 農業体験
  • 農業体験

どうして朝ごはんなの?

旅館の夕食が華やかで品数が多く、お酒など飲み物を楽しむのもだとしたら、朝食は料理の素材や味わいをゆっくり楽しむことができるひとときです。旅の記憶に最も残る食事は、宿を発つ日の朝食ではないでしょうか?

朝ごはん